こんな話  2021年11月22日|月曜日

沿革:教養堂2017-2021 塾長の手帳から

 

これは教養堂開塾以来の日々のスケジュールを記録した塾長奥村の愛用手帳です。

筆記具が好きなためアナログで記録することが多く、この手帳には教養堂のあゆみが克明につづられております。

 

教養堂株式会社発足を前に、この手帳から教養堂の沿革を記します。

教養堂の個人事業時代は2017-2021で、教養堂のいわゆる「青の時代」の記録です。

2021年11月22日

 

 

 

 

2017年(平成29年)

7月 ▼

教養堂創設者の奥村が独立してフリーとなる。

 

9月 ▼

バイクで全国を旅し終えた後、新しい学習塾の設立を計画。

名称を「教養堂KYOYODO」にする。

漢字の由来、画数、音声学などから決定。

 

10月 ▼

教養堂のロゴマーク、トータルデザインを旧知のデザイナー森さんに依頼。

5つの候補から2つに絞り検討した後、現在のロゴマークに決定。

教養堂の事業計画書が出来上がり、各方面に配布。

本格的に開塾準備を開始する。

 

11月 ▼

「教養堂宣言」発表。

教養堂の校舎所在地を、愛知県江南市赤童子町御宿2に決定する。

建物の改装工事にとりかかる。

江南市の「株式会社松岡」に依頼。

開塾より先に、ホームページを開設。

11月1日よりWEB上で発信し始める。

初期の教養堂コピーは「新感覚の新しい塾」

窓ガラス一面に壁新聞形式にて初告知。

真っ先に江南市の地域情報ネット「江南しえなん」に取り上げていただく。

 

12月 ▼

校舎の備品、家具を愛知県の地元業者を中心にひとつひとつ吟味してまわる。

ロングライフデザインをもとに、長く使える家具を中心に選定。

 

2018年(平成30年)

1月 ▼

1月末に教養堂の外装と内装工事が終了。

塾らしくないシンプルな意匠で完成。

教養堂の初の広告を、地域情報誌「くれよん」に掲載する。

広告展開は「教養堂新聞」形式にする。

以後、「教養堂新聞」をしばらく発行する。

極寒の日に教室の机やイスなどの備品を搬入する。

翌日、教室のGoogleストリートビューの撮影をする。

 

2月 ▼

2月3日節分の日に教養堂を開塾。

奥村、代表兼塾長に就任。

 

開塾当日に、学問の神様で地元で有名な江南市の「北野天神社」にお参りに行き、お祓いを受ける。

開塾日と同時に、新規入塾生の問い合わせが相次ぐ。

プレ体験授業開始。

初日にいきなり教室のリニューアルを敢行。

床を全面取り替える。

その後の終わりなきリニューアルの旅の始まりとなる。

しばらく一人だけの教室運営が続く。

 

3月 ▼

正式に新年度授業を開始。

 

4月 ▼

「塾ブログフェス」に参加して、他塾の先生と交流を持つ。

 

7月 ▼

初の夏期講習の募集で、一気に生徒数が増える。

特に中3女子が集まる。

塾業界誌「月刊私塾界」10月号に掲載が決まり、取材を受ける。

 

9月 ▼

図形学習指導勉強会に参加。以後、定期的に参加。

図形パズル教材など、教養堂の小学生コース算数の指導の根幹のひとつとなる。

 

2019年(平成31年)

1月 ▼

教養堂の公式インスタグラム・フェイスブックを同時開設する。

 

3月 ▼

教養堂初の高校生が志望大学に合格、そのまま講師として手伝ってくれることになる。

塾長一人体制から、少しずつ講師スタッフが増える。

 

2019年(令和元年)

5月 ▼

大型エアコン、突然故障。

 

6月 ▼

教養堂の社用車のバンを購入。

以後、取材や搬送などに大活躍する。

「おくたび」という取材旅行で全国をこのバンでまわることになる。

 

9月 ▼

中学生各学年で学年ヒトケタが出始める。

 

12月 ▼

サンタが来て、塾生にプレゼントを配る。

 

2020年(令和2年)

1月 ▼

デザイン会社WOWSと組んで、教養堂初の折込広告を作成。

以後、同じデザインでテーマカラーを毎回設定する。

教養堂コピー第2弾「学年上位・ヒトケタに、余裕で入る学力を。」

以後このコピーを使用。

 

3月 ▼

コロナ禍による特別体制を敷く。

緊急事態宣言下では朝からオンライン授業を行う。

Kyoyodo Online Studio 開設。

 

5月 ▼

連休明けより対面授業を再開する。

 

9月 ▼

教室内に飛沫感染防止対策と換気対策のリニューアル工事を施す。

教室の壁全面に本棚を設置。

 

11月 ▼

オンライン授業コース新設。

海外の帰国生にも対応する。

 

12月 ▼

教養堂公式グッズ第1弾「フリクションボールペン オレンジ 0.7㎜」を作成。

愛知全県模試で中3生平均偏差値64をマーク。

定期テストで平均448点をマーク。

愛知全県模試で英語1位獲得。

 

2021年(令和3年)

3月 ▼

高校入試で名門高校に続々合格。

中3全員第1志望合格。

 

4月 ▼

中3クラスで定員締め切りが出る。

 

5月 ▼

奥村の元塾生が小学生コースにサポートに入る。

以後、教養堂の管理運営スタッフとしても塾長を支える。

江南市商工会議所の会員になる。

 

7月 ▼

HPのブログ記事連載で「おくたび」シリーズに加え、「堂々巡り」シリーズが始まる。

 

8月 ▼

雷でパソコン、突然故障。

 

10月 ▼

教養堂公式グッズ第2弾「フリクションボールペン レッド 0.5㎜」を作成。

 

11月 ▼

個人事業から法人企業になることを決める。

2022年1月1日より株式会社を発足することを発表。

「教養堂株式会社 Kyoyodo Co.,Ltd.」に社名を変更。

これにともない、教養堂のロゴマークを微調整、ブラッシュアップする。

中3生実力テスト学年1位獲得。

個人事業時代をまとめた「沿革:教養堂2017-2021」を発表。

 

つづく

 

KEYWORDS

お問い合わせ

top