本の紹介  2020年6月4日|木曜日

『美しい日本語』金田一春彦先生

教養文庫シリーズを持っている出版社6社が教養フェアを行っています。

「チチカカコヘ」という名前のフェアです。

 

 

 

チ:ちくま学芸文庫

チ:中公文庫

カ:角川ソフィア文庫

カ:河出文庫

コ:講談社学術文庫

ヘ:平凡社ライブラリー

 

ちなみにチチカカ湖はペルーのアンデス山中にあるきれいな湖です。

一度行ってみたいところです。

 

 

6社合同で、「人文」「社会」「自然」「芸術」の分野から、厳選した文庫を推薦しています。

 

近所の大型書店へ寄ったおりに、このような冊子とともに、推薦する文庫が平積みになっていました。

 

ネットを介した書籍を注文するのは確かに便利ですが、書店に実際に足を運ぶと、このような予定調和でない幸運な本との出会いが待っています。

 

普段あまり手にしない本をどんどん買ってきてしまいました。

 

今回、買って来た本はこちら。

 

『英語の語源』 石井米雄 著  角川ソフィア文庫

『春宵十話』 岡潔 著  角川ソフィア文庫

『五つの証言』 トーマス・マン/渡辺和夫 著  中公文庫

『数学序説』 吉田洋一/赤攝也  ちくま文芸文庫

『数学文章作法 基礎編』 結城浩  ちくま学芸文庫

『14歳からの哲学入門』 飲茶  河出文庫

 

授業中に折に触れ、紹介するつもりです。

 

そしてもう一冊。

教養堂の棚からひとつかみ、今回はこちら。

 

 

『美しい日本語』 金田一春彦 著  2002年

角川ソフィア文庫

 

金田一春彦先生のエッセイ集。

 

「正しい日本語」というのはないと思いますが、「美しい日本語」は心がけ次第で使えると思います。

 

「物は言いよう」といいますが、確かにそうです。

日々、教養堂の授業や塾生と接する時には、言葉遣いは気をつけるようにしております。

 

敬語

招かれたお宅で、食事をいただくとき、「醤油を取ってください」というのを、丁寧な言い方を考えます。

①醤油を取ってくださいませんか。

②醤油を取ってもらえませんか。

③醤油を取っていただけませんか。

④醤油を取っていただけませんでしょうか。

⑤恐れ入りますが、醤油を取っていただけませんでしょうか。

 

という順に丁寧さが増すということを紹介されています。

なぜこの順になるのか、という詳しい文法上の説明は本書に書かれてある通りです。

 

しかし、ここでふと考えます。

そもそも、敬意を表したい方に、お願いをするということ自体が失礼なのではなのか、と。

 

このような視点は、教科書だけで勉強しているのでは出てこないですね。

ですから、金田一先生の国語以前の素養が光ります。

 

「それは醤油でしょうか?」

 

と聞いてみます。

これは依頼の形ではなく、たんなる疑問文でしかないので、失礼にはあたらないということです。

 

相手が感の鈍い人で、

「そうです」と言ったきりだったら、その場合はあきらめるしかない……。

 

2002年に出版された金田一先生88歳の頃のエッセイ。

すでにこの頃の日本語の風景すらも、今ではだいぶ変わって来ています。

日本語の変化を敏感に感じ取っていた金田一先生の印象も、今から読むとさらに感慨深いです。

KEYWORDS

お問い合わせ

top