本の紹介  2020年4月15日|水曜日

『パトレイバー2』 緊急事態宣言下の都市

ウイルスは目には見えません。

影響を受けるのは、人間や動物のみ。

 

目に見える樹木や山河、

そしてビルや家屋、機械、乗り物など、

そういうものには何ら影響はありません。

 

外出自粛が要請された3月下旬。

桜の木は満開でした。

 

しばし、このウイルスが、人間にただちに直接的な脅威であると実感するのには、いささかタイムラグがあります。

 

こういう現下の情勢が、この映画の多くのシーンに、不思議なほど類似的に描写されており、ハッとします。

 

「気づくのはいつだって遅いのさ。」

というセリフから、すでに平時ではなく戦時下に置かれた状況にあると、主人公と観客は気づかされます。

 

 

教養堂の棚からひとつかみ、今回はこちら。

 

『パトレイバー2 the Movie』 1993年 アニメーション映画

監督  押井守 

 

現在の新型コロナウイルス感染による、緊急事態宣言や都市封鎖などを目の当たりにして、この映画が真っ先に思い浮かびました。

 

というより、この『パトレーバー2』は、これまでも日本が危機状況に陥った事件の時に、何度も見直したくなるような映画でありつづけました。

 

 

それだけ、いつの時代になっても見ごたえのある、しっかり練り込まれた映画とも言えます。

 

一回の視聴では理解するのが難しく、何回も見ることになりますが、見れば見るほど新しい発見があります。

 

 

テロに陥った東京を舞台に繰り広げられる群集劇。

そして、戦後日本とは何か、戦争と平和、個人と組織、架空と現実、日常と非日常などなど、テーマは重層かつ暗示的です。

 

 

 

あわせて見ておきたい作品

 

映画 『シン・ゴジラ』

総監督 庵野秀明  監督 樋口真嗣 2016年

 

 

KEYWORDS

お問い合わせ

top