塾の日記  2018年9月28日|金曜日

朝ドラ『半分、青い。』 江南市のロケ地に行ってみました。

 

NHK 朝ドラ「半分、青い。」がいよいよクライマックスを迎えます。

主人公、鈴愛と律は果たしていかに。

 

舞台が岐阜県の東濃地方で身近な場所ですし、登場人物が話す岐阜弁も名古屋弁と共通するところがあります。

とくに鈴愛のお父さん役の滝藤賢一さん、岐阜弁がものすごく自然体で流暢。

ネイティヴに近いです。

 

ロケ地の一部に愛知県江南市の木曽川河畔が使われています。

しかも主人公の大切な場所としてドラマに登場する重要な場所。

 

本日は秋晴れ。

半分、青い。どころか、全部、青い。

 

そんな日は外へ出よう、ということで、少し足を延ばしてサイクリングに行きました。

教養堂から自転車で30分くらい。車で15分の場所です。

ちょうど彼岸花が咲いて、金木犀の香りでいっぱいでした。

サイクリング日和。

 

よくこんな場所を見つけたものだ、というくらい穴場で素敵な所です。

もちろん「朝ドラ ロケ地」などの看板もなく、素朴そのものです。

普段は犬の散歩をされる方など、市民の憩いの場所になっています。

このまま、ここはそっとしておいてほしいものです。

 

KEYWORDS

お問い合わせ

top