こんな話  2019年11月4日|月曜日

山口県長門市 村田清風記念館を訪ねて ~子どもを変えた母の極意~

 

 

「村田清風記念館」を訪ねて

山口県の日本海側、長門市に「村田清風記念館」があります。

旧長州藩の中心地、萩市から西へ21㎞。

近くには、観光スポット 角島大橋や、詩人 金子みすゞの記念館もあります。

 

山陰本線三隅駅から車で5分。

国道191号線から入ってすぐ間近に、日本海の青い海が見え、山陰本線を走る1両列車が時おりレール音を響かせていきます。

静かで風光明媚なところです。

 

村田清風 (1783-1855)は江戸後期、長州藩(山口県)の重役として藩政改革で活躍した偉人です。

毛利氏の藩主に仕えること5代にわたり、一旦隠居した後にも、年老いてなお藩に呼ばれて後進の育成に力を注ぎました。

晩年は、萩城内で杖を使って歩くことが特別に許された、ただ一人の人物でした。

ペリーの黒船来航でいよいよ時代が動く中、この世を去ります。

 

清風の凄さ

村田清風の凄さを伝えることは難しいのですが……、

 

まず、明治維新で活躍した志士たちや明治の元勲たち、木戸孝允(桂小五郎)・久坂玄瑞・高杉晋作・伊藤博文・山県有朋・井上馨・山田顕義たちを教え導いた先生が、松下村塾の吉田松陰先生です。

そして、吉田松陰先生の先生にあたる人が、村田清風なのです。

 

また、坂本龍馬が尊敬していた一人に、肥後藩(熊本県)出身の儒学者で、福井藩の改革を担った横井小楠がいます。

勝海舟が思う、天下で恐ろしい二人の人物を挙げていますが、西郷隆盛ともう一人がこの横井小楠です。

その横井小楠先生が言いました。

「旅先で色んな人物に会ったが、私が唯一頭を下げたのは、村田清風だけだ。」

 

どれだけ凄いか、伝わりましたでしょうか。

 

清風の改革

幕末期、長州藩は藩政の改革に成功して財政が豊かだったと、教科書にも載っています。

実は、その藩政改革を実行したキーパーソンが村田清風でした。

 

①長州藩の主要産業、コメ・紙・塩・ろうの4つの生産性を挙げて収入を増やしました。 

②借金を完済する政策を断行しました。

③下関を通過する物資に税金をかけました。

④藩校 明倫館 の教育改革を行い、後進の育成をしました。

 

などなど経済面や教育面に辣腕をふるいました。

質素倹約も促し、守らない所には弾圧も加えたため、暗殺される危険との隣りあわせでもありました。

裏口からこっそり命を狙いに来た暗殺者を怒鳴り、追い返したこともありました。

 

長州藩は幕末期に軍艦や銃を大量に購入し戊辰戦争に備えたり、イギリスに密かに伊藤博文たち留学生(長州ファイブ)を送りましたが、その潤沢な資金は一体どうやって賄ったのでしょうか。

実はその資金は、さかのぼると村田清風の優れた改革にあるんですね。

 

 

村田清風の少年期

それでは、村田清風はどんな子ども時代だったのでしょうか?

 

これがなんと!

近所の子たちから、いじめられてばかり。

ついたあだ名が、……「どん亀」!

 

何をやっても他の子より劣り、愚鈍なことから、みんなから馬鹿にされていたというのです。

後の清風からは全く想像できません。

 

「どん亀」と言われた子に、何が起きたのでしょうか。

 

母の秘策

それを見ていた清風のお母さん、岩子。

心を痛めていました。

 

そこで、わが子がしっかりするように取った行動、

それが、神社へのお百度参りでした。

何度も何度も神社に参り、祈ったというのです。

 

その母の真剣でなみなみならぬ姿を見た清風は、ついに「自覚」しました。

それ以来、勉学に励み,みるみる成長しました。

萩の藩校、明倫館に通い、ついには優秀な学業を修め、学費免除にもなりました。

その後、お殿様の小姓役を振り出しに、藩の中枢にのぼりつめ、のちには先ほど述べた通りです。

記念館で清風と母のエピソードとして紹介されていました。

 

清風キャラバン

地元三隅では、清風が萩の明倫館まで毎日歩いた21㎞を、小学生中学生が歩くというイベントが毎年あるそうです。

 

 

清風、20歳の時に江戸に出て詠んだ歌

 

来てみれば  聞くより低し  富士の峯

釈迦も孔子も  かくやあるらん

 

<意訳>

近くに来て見ると、うわさに聞いていたより富士山は低い。お釈迦様や孔子様も偉いと聞いているが、これと同じだろう。

手の届かないことと思っていたが、自分も努力してやればできるだろう。

 

 

記念館の隣に清風の旧宅「三隅山荘」が今も現存しています。

 

KEYWORDS

お問い合わせ

top