こんな話  勉強の話  2022年9月4日|日曜日

北九州市小倉 森鷗外 旧居を訪ねて

それでこんな家に住んでゐたら、気が落ち着くだらうといふやうな心持がした。

 

小説 「鶏」   森鷗外 作 より

 

 

森鷗外が小倉に住んでいた頃の家

森鷗外が作家として数多くの名作を世に出す前の37歳から40歳までを小倉で過ごしました。

北九州市小倉北区鍛冶町に今も家が現存します。

 

 

小倉駅から歩いて5分。

現在、周りは飲食店に囲まれています。

そこに平屋の凛とした純和風の一軒家。

 

陸軍第12師団 軍医部長として単身赴任。

この家から小倉城内の師団司令部に馬に乗って「通勤」。

 

 

門をくぐると、鷗外先生の銅像がお出迎え。

鷗外が30代後半、作家として華々しく活躍する前夜。

 

「小倉時代」より前の20代に小説「舞姫」を発表していたものの、この頃はまだ単なる陸軍官僚でしかありません。

 

一説によると小倉行きは「左遷」だった、

いやそうじゃない単なる「人事異動」だった、

など諸説ありますが、

数年後、短期間の内に名作を連続して発表する前の時期が「小倉時代」でした。

 

「天馬行空」

鷗外が知人に送った自筆の書(複製)

 

等身大パネルの鷗外先生。

2年10か月の小倉時代。

40歳になった鷗外は小倉を離れます。

日露戦争に従軍後、45歳で陸軍軍医総監。

 

陸軍の仕事の傍ら作家として本格的に活動再開。

 

47歳で「ヰタ・セクスアリス」発表を皮切りに、

 

「興津弥五右衛門の遺書」

「青年」

「かのやうに」

「阿部一族」

「山椒大夫」

「高瀬舟」

「寒山拾得」

「渋江抽斎」

 

など傑作を発表。

 

 

47歳から54歳まで実質たった6年間が世に知られる「森鷗外」としての躍動期でした。

 

ピカソには「青の時代」があり、

鷗外には「小倉時代」がありました。

 

「沈潜」の時期であり「蓄積」の時期。

 

そして晩年、「森鷗外」から故郷島根県 津和野の石見人「森林太郎」として人生を全う。

KEYWORDS

お問い合わせ

top