本の紹介  2022年8月6日|土曜日

『ズッコケ三人組』と『絵で読む広島の原爆』

『ズッコケ三人組』 ポプラ社

 

教養堂の棚からひとつかみ、まずはこちらから。

記念すべき第1巻表紙

 

『それいけズッコケ三人組』

著者  那須正幹

初版  1983年12月1日

発行  ポプラ社

 

小学生の中学年以上のお子様におすすめです。

状況設定が頭に入りやすく、登場人物のほのぼの感と相まって、夢中で1冊すぐ読み終えることでしょう。

シリーズは50巻以上ありますが、お気に入りのジャンルを手に取るのも良いでしょう。

 

読書がちょっと苦手、というお子様の導入におすすめです。

 

作者、那須正幹先生は惜しくも2021年7月にお亡くなりになりました。

ご出身は広島で、ご自身が3歳の時に広島の原爆で被爆されています。

 

 

 

教養堂の棚からひとつかみ、もう一冊はこちら。

 

『絵で読む 広島の原爆』

著者  那須正幹

初版  1995年3月31日

発行  福音館書店

 

広島の原爆について本書が一番の導入になります。

 

そもそもの原子爆弾の成り立ちから、マンハッタン計画、ウラン型とプルトニウム型、そして人体の影響を図解入りで詳しく知ることができます。

資料としても完成度が高い1冊です。

 

原爆投下の広島の様子の絵とともに、原子爆弾がどういうものかを詳しく説明されています。

 

(一部抜粋)

 

KEYWORDS

お問い合わせ

top