塾の日記  2020年3月10日|火曜日

新型コロナには勉強を邪魔されない。

愛知県公立高校入試 本日B日程の面接が終わりました。

長い受験シーズンも、ようやく終わりを告げようとしています。

 

今日は、春の長雨。

受験生、お疲れ様でした。

2月後半から新型コロナに振り回されっぱなしでしたが、本当にお疲れ様でした。

 

一足早く、国公立大学受験組の高3生は合格の報を聞きました。

あとは公立高校受験組の結果を待つのみです。

 

さて、新型コロナ。

教養堂では、何とかやりくりして学力の向上に努めてきました。

 

「収束までに一・二週間」という頃合いはとうに過ぎました。

今、教養堂は長期戦を覚悟しております。

 

今は、いろいろなネットのツールがある便利な世の中です。

これまでにいくつか吟味してきました。

ベストな方法を絞り込んで、準備をしてきました。

昨日はまず新中学2・3年生の保護者様へ、オンライン授業の準備のお知らせをいたしました。

 

春休みに実施する「春期講習」も、たとえネットを介してでも安全に授業ができるよう準備しております。

 

 

でも、今の子どもたちの勉強を止めるわけには行きません。

 

幸い、教養堂の塾生は、自分で勉強を進めていく「自立学習」をどんどん進めてきました。

これは、ずっと通っている塾生や小学生から通ってきている塾生ほど身についている、教養堂の学習姿勢です。

この非常事態でも淡々と学習を進めていく、落ち着いた学習姿勢を今こそ発揮する時なのだと思います。

ちなみに2月末から学校が休校になって2週間、総復習や予習、普段できない問題にも、みんな着手して、けっこうモリモリ学力を高めております。

 

新型コロナウィルスなんかには勉強を邪魔されない。

 

形式は変わっても本質は変わらない。

平常心で淡々と自分のすべきことをやり抜くだけです。

 

We Shall Overcome.

KYOYODO 2020

 

KEYWORDS

お問い合わせ

top