塾の日記  2020年3月28日|土曜日

教養堂2020春期講習 一週目

春期講習の4本柱

さて、教養堂の春期講習も一週間が過ぎました。

 

持ちあがりの学年は、2月末から引き続いての学習期間となり、朝から午後までの学習のリズムが当たり前のようについております。

なんだか、これがいわゆる「日常」になりつつある感すらあります。

 

教養堂では、塾生一人一人に個別学習プログラムを組んでいます。

そんな中でも、指導の基本のテーマはあります。

 

①新学年での「予習」「速習」

②前学年までの「実力養成」

③知力を鍛えあげる「思考力養成」

④すべての教科の基本「国語」

 

この4本柱で、春期講習は取り組んでいます。

この指導基本柱から、子どもたち一人一人テーマを設けて、薬剤師が薬を調合するように、微妙に配合を変えて指導しております。

 

 

保護者様の参加もできます。

教養堂の小学生コース、特に低学年のお子様には、保護者様が一緒に授業を受けていただくこともできます。

現在、春期講習からお通いいただいたご家庭もご利用いただいております。

特に、思考力のプログラムでは、保護者様も一緒に参加していただけるようにしております。

 

授業最初の数分、または十数分だけでも、ご参加できます。

途中、抜けていただいても結構です。

最後だけ、送迎がてらのご参加も大丈夫です。

お忙しい保護者様には、そんなふうに教養堂をお使いいただいてもけっこうです。

 

 

新小学1年生、2年生のお子様で塾が初めてというお子様も、最初だけでも保護者様と一緒に参加していただくと、安心できるようです。

さらに、保護者様にも、教養堂の思考力プログラムに一緒に参加いただくことで、より指導内容のご理解をより深めていただくことができます。

 

春期講習、来週はいよいよ長い休みの最後の週。

生活リズムも整えながら、学習はしっかり続けていきます。

KEYWORDS

お問い合わせ

top