勉強の話  2018年11月6日|火曜日

教養堂のこだわり資料② 『金印』(漢倭奴国王印)

出ました!「漢倭奴国王」の『金印』ですね。

 

 -そうです。歴史では、日本がはじめて文献に登場するのがこの『金印』です。

 

たしか福岡県の志賀島で発見されたのですね。

 

 -それまでは書物に書かれているにすぎず、謎とされていたのです。西暦57年、『後漢書』の「東夷伝」に書かれており、漢の光武帝が「倭」の「奴国」の使者が貢物をもってきたので『金印』を授けた、と書かれているだけでした。

 

それが江戸時代になって発見されたのですね。

 

 -1784年に志賀島のお百姓で「甚兵衛」さんという人が届けたのですが、やはり落し物はちゃんと届けたのが良かったということですね。

 

その後、どうなったのですか?

 

 -福岡藩は地元の儒学者、亀井南冥(かめいなんめい)にこの金印を鑑定してもらったのです。南冥はこれがあの「漢倭奴国」の『金印』だと判断して、その説が現代にいたります。亀井南冥の存在も大事なポイントです。

 

どうして志賀島にあったのでしょう。

 

 -諸説あるのですが、今の所はっきりしたことは分かっていません。ここは想像するしかないですね。

 

この『金印』はもちろんニセモノですよね。

 

 -何をおっしゃいますか! れっきとした本物ですよ!!

 

だって、『金印』は国宝でしょう。現に福岡市博物館の所蔵品ですよね。

 

 -そうですよ。そこの福岡市博物館の「ショップ」で買ってきた、ちゃんとした本物の、由緒正しい……レプリカ(模造品)です!ちなみに3,999円しました。……買う時にちょっと勇気が入りました。

 

本物の…レプリカ。ちゃんと木箱に入っていますね。

 

 -ワタクシとしては、レプリカでさえも現地で購入すべしというマイルールを自ら課しております。

 

は、はい…。

 

 -専門家の監修のもと作られています。大きさ、重さは本物と変わりません。これを初めて見る人は驚きますよ。そして持ってみるとさらに驚きます。

 

百聞は一見に如かず、ですね。

 

 -そうなんです。実際、福岡市博物館の常設展示に行くと、入っていきなりありますからね。それで、「ええ!これがあの本物の金印なのか!」とびっくりしますよ。実物を前にすると、サイズ感や存在感が、教科書の写真で見ただけではわからないので、びっくりします。私はある意味、ショックでした。

 

(実際の『金印』)

 

(印文)

 

 -福岡市博物館では、ガラスケースに入っていますが、ガラス面におでこと鼻がつくぐらいまで近寄って、じっくり見て来ました。

 

どうでしたか?

 

 -いやぁ……。まばゆいんですよ。『金印』の展示室が真っ暗で、金印だけにライトアップしているのですが、光り輝いているんですよ。「金」の輝きは衰えませんね。2000年前の金印が、いまだに輝きを失わないのです。

レプリカは、遠慮せず触れますね。

その後、日本は中国の支配圏から脱します。聖徳太子の時代、西暦607年に小野妹子を遣隋使として送り、日本の独立を主張することになります。

 

KEYWORDS

お問い合わせ

top