本の紹介  2020年10月18日|日曜日

『光秀のスマホ』明智光秀 NHK大河ドラマのスピンオフ

NHK 大河ドラマ「麒麟がくる」がいよいよこの秋から佳境に入り、「本能寺の変」まで駆け抜けます。

 

それとは別に、

もし明智光秀が、スマホを使いこなしていたら……

というコンセプトで放映されているNHKの番組があります。

 

 

 

教養堂の棚からひとつかみ、今回はこちら。

 

NHK公式HP

NHK 「光秀のスマホ」

 

5分番組で、数回にわたり放映中。

NHKの配信サイト NHKプラスからも視聴できます。

もう少しマニアックな内容が、公式Twitterで見られます。

 

光秀のスマホ画面しか出てこない!

主人公の光秀は、一切出てきません。

声と、光秀のスマホ画面だけで、物語が進行して行きます。

 

一時停止して凝視すると、かなり細かいところまで作りこんでいることがわかり、おもわずニンマリします。

 

このように、スマホがあったらどうなるか、という仮説から見ると面白いですね。

ただこちら単なるパロディものにとどまらず、現代社会の中間管理職の悲哀を風刺しています。

 

念のため、こちらの番組はフィクションです。

歴史好きの子におすすめです。

 

こちらは光秀のスマホ待ち受け画面でござる。

遊び心が満載で結構マニアックでござる。

 

 

 

 

 

 

画像

(画像はすべて「光秀のスマホ」公式ツイッターから転載)

 

 

NHK、たまに攻めてきます。

是非に及ばず!

 

 

KEYWORDS

お問い合わせ

top