こんな話  2019年11月14日|木曜日

高知県 桂浜と足摺岬を訪ねて 坂本龍馬とジョン万次郎

時々、好きな偉人のゆかりの地を訪ねて、自分の気持ちを確かめます。

今回は坂本龍馬さんと対面しました。

 

桂浜の坂本龍馬像

車で新名神を走り、瀬戸大橋から四国に入り、大歩危・小歩危峠を越えて、高知入りしました。

 

 

豪気節

じつはこの桂浜は、戦前、旧制高知高等学校の学生が朴歯の下駄と黒マント、ボロボロの学生帽を身にまとい、放歌高吟をしたところでも有名です。

旧制高知高等学校は、大正11年創立で、卒業生には作家の三浦朱門がいます。

初代校長の江部淳夫は名物校長として知られています。

 

「感激あれ若人、感激なき人生は空虚なり。」

 

という有名な言葉を残されています。

 

龍馬像から脇に入ると、このような歌碑があります。

 

有名な豪気節の歌碑です。

その九番目。

 

九つとせ~

この浜、寄する大涛は

カリフォルニヤの岸を打つ

 

という何とも豪気な歌詞です。

 

坂本龍馬も、長崎で作った日本初の株式会社と言われる、亀山社中(海援隊)で、英語の辞書を作ろうとしていました。

太平洋を隔てた、むこう岸はもうカリフォルニアなんですね。

 

太平洋、英語と来れば、あの人に会いに行こうと思い立ち、さらに車で西へ。

 

高知県 土佐清水市 足摺岬

幕末期、この地の漁師だった若者が、漁に出た後、流され流され漂流してしまいました。

無人島で遭難した後、アメリカの捕鯨船に救われ、後にアメリカ東海岸へ行きます。

その若者が、ジョン万次郎こと中浜万次郎です。

 

土佐清水市のジョン万次郎記念館

充実した展示品で、郷土の誇りだというのが伺えます。

道路には、「ジョン万次郎を大河ドラマに!」というのぼりがいくつも立っていました。

ジョン万次郎が主人公の大河ドラマなら、すごく見てみたいです。

 

その後、アメリカの学校を出た万次郎は、アメリカの捕鯨船の乗組員になります。

そして、数年たった後、日本に帰国したいと願い、帰国資金を稼ぐために、西海岸へ向かいます。

なんと手っ取り早く稼ぐ当時の方法は、ゴールドラッシュに沸くカリフォルニアの鉱山で働くことでした。

稼いだお金をもとに船を購入して帰国します。

その後、江戸幕府の役人となり、英語ができる万次郎は様々な重要な仕事を任せられるのでした。

その時期に、勝海舟や、故郷の土佐藩の後藤象二郎や板垣退助とも会っていますし、後に三菱財閥を作る岩崎弥太郎や、坂本龍馬とも何らかの接点があったはずです。

 

ちなみに日本人で初めてジーパンをはいたのは、戦後の白洲次郎ではないかと言われていますが、ジョン万次郎はカリフォルニアの鉱山で金の採掘をしていた1850年頃に、おそらく草創期のジーパンらしきものを履いていたと思われます。リーバイ・ストラウスがその頃にジーンズの店をサンフランシスコに開き始めていますので、作業着としてのジーパンが使われていたと思います。

そのときのジーパンが見つかれば、プレミアものでしょうね。

 

実際、帰国した時のジョン万次郎の服装が、こちらのパンフレットにある通りです。

粋なカウボーイハットにズボンという、カントリー歌手も顔負けのダンディさです。

当時の日本人はさぞ驚いたことでしょう。

 

ジョン万次郎が作った、日本初の英会話の本が展示されていました。

すごく実用的で、分かりやすいものでした。

発音は、万次郎が聞いた通りのものとなっているので、そのまま読めばネイティブのように発音できます。

今回は図らずも、英語が日本に入って来た頃の様子を、ジョン万次郎を通じて学ぶことができました。

KEYWORDS

お問い合わせ

top