こんな話  2018年7月11日|水曜日

高校受験物語Ⅰ 運動部で頑張ってきた中3男子が部活引退後に気をつけること。

入試まであと3か月、右腕骨折全治3か月。

もうすぐ冬休みというある12月中旬。

彼は、右腕を包帯ぐるぐる巻きにして、三角巾でつるしながら教室に現れた。

 

ハロウィーンはもう終わったはずだが。

 

え?

学校の帰り道のグランウンドで、みんなでサッカーやりだして遊んでいたと。

友達と接触したら、「ゴキッ」と音がした。

痛くなったので医者に行ったら、

 

骨折…。

利き腕、右だよね?

 

全治3か月。

3か月って、受験終わってるんじゃないの。

 

その日以来、彼は慣れない左手に鉛筆を持ちながら、右ひじでノートをおさえて勉強する日々となった。

この状況では、開き直るしかあるまい。

 

利き腕じゃない方は、記憶力が増す。

たしか、NHKの朝の情報番組でやってた。

よく物忘れをしたりする高齢者にお勧めしていた方法。

 

「利き腕ではない方をあえて使うと、物忘れが減ります。」

これだ!

 

利き腕ではない方は無理に使うので、頭にも刺激があり、その分、記憶に残りやすいと。

 

帰り際に二人で話した。

 

「逆に左手を使うことで、人よりも記憶が定着する。」

「利き腕じゃないから、無駄に字を書きたくない。最小限しか書かないから途中計算も無駄に書かない。だから暗算の力が増す。」

「記述式、作文も頭を使って構成するから、思考力が増す。」

 

彼は人よりも時間はかかりながら、そして小学1年生が書くような下手ながらも可愛らしい味のある字で、懸命に受験勉強に取り組んだ。

 

3月に入り、ようやく彼の右腕から包帯が取れた。

入試には間に合った。

何とか志望校に合格できた。

 

彼にとっては一生忘れられない体験になったことだと思う。

 

 

部活引退した中3男子の法則

世の中には、偶然の中にも必然があり、それはある種の法則のようなものがあるかもしれない。

運動部で練習が激しい部活動の特に男子が引退すると要注意だ。

 

秋から冬にかけて、体を動かしたくなる。

学校の帰り道、そんな連中が、ちょっと体を動かすか、といってサッカーやらバスケをやりだす。

普段の部活動なら、準備運動をするだろう。

でも今は遊びだ。

準備運動なしでやり始める。

そして普段たまりにたまったエネルギーを思いっきり発散させる。

ケガをするのは当然である。

私の経験上、よくそういうケガをする子がこの時期多い。

 

ケガでなくても何か他に影響があるかもしれない。

うまく受験勉強とからめられれば、ぐっと上向く。

エネルギーのベクトルを上手に変換させればいい。

運動部を引退しても、適度に体を動かすことは定期的に必要だろう。

 

KEYWORDS

お問い合わせ

top