塾の日記  2019年12月12日|木曜日

馬印のホワイトボード 教養堂に登場

最近、ボードに凝っていまして。

ボード。

 

サーフボードでも、

スノーボードでも、

スケートボードでもありません。

 

教養堂KYOYODOにとって、ボードとはホワイトボードです。

これまで可動式のボードを使ってきました。

180度回転して両面使えるものです。

でもグラグラするので、今一つ力が入りませんでした。

やはり、しっかりとした固定式のホワイトボードが良いということで。

 

お願いした名古屋の教材卸会社のY社長。

「先生、ほら、もうね。ホワイトボードゆうたら、一生もんだでね。一番エエのが、ええんだわ。そりゃワシ、まちがいニャー思うとるもん。うん、ほんでね、コレ!コレで決まりだがね!」

※名古屋弁を誇張気味に表現しております。あしからず。

 

 

名古屋が誇る創業120周年の老舗メーカー、馬印UMAJIRUSHI、の

MAJIシリーズ。

マジ・シリーズです。

馬印のMAJIシリーズ。

 

 

HPより転載

 

 

-お願いします!

 

「馬印」は、もともと黒板とチョークのメーカーです。

私も塾講師デビューしてからのチョーク時代、大変お世話になりました。

いつしかホワイトボードに転向してしまいました。

 

2大チョークメーカーと言えば、「羽衣」と「馬印」。

羽衣は職人さんの高齢化により、製造中止。その技術を馬印が現在継いでいます。

 

羽衣チョークがなくなる時、世界中の数学者や物理学者が、大いに嘆き悲しみました。

 

「あのチョークじゃないと、思考がノラないんじゃ。」

「ハゴロモでノーベル賞とりました。」

「ワシは、死ぬまで使えるように大量にストックを持っておるぞ。」

「チョークのロールス・ロイス!」

 

教養堂も黒板とチョークで行こうと開塾時に思ったんですけど、やはりホワイトボードの方が便利なので。

ゆくゆくはプロジェクターを投影できるようにしたいと思いホワイトボードにしました。

 

さて、このホワイトボード。

講師のためではないんです。

受講生の塾生にこのボードを開放します。

そのために設置しました。

ボードにどんどん書いてほしいです。

塾生みんなの自由な思考のためのホワイトボードなんです。

だからこのホワイトボードを講師の専有物から解放したいのです。

どんどん書いて欲しいです。

どんどん表現して欲しいです。

 

 

思考の自由な解放区。

書きまくれ、書きまくれ、書きまくれ。

消しまくれ、消しまくれ、消しまくれ。

書いて消せ、消して書け。

間違えるな。間違えろ。

計算しろ。

証明しろ。

記述せよ。

完成しろ。

やり直せ。

矛盾せよ。

正解に達し、試行錯誤しろ。

すべて学び、すべて忘れろ。

 

思考のグルーブを作れ。

思考をビートに乗せろ。

思考をドライブせよ。

思考をスウィングするんだ。

思考をサーフィンさせるんだ。

 

Yes,it is.

 

これは、思考の波に乗る、白いボードなのです。

 

 

 

2019.12.12.

KEYWORDS

お問い合わせ

top