塾の日記  2019年9月10日|火曜日

青森県五所川原市金木町 太宰治の実家を訪ねて

お休みを利用して、青森県五所川原市金木町にある、文豪 太宰治の実家、通称「斜陽館」を訪れました。

立派な建物で往年の繁栄がしのばれます。

 

この金木町は津軽三味線が生まれた土地でもあります。

向かいに津軽三味線記念館もあり、津軽じょんがら節をライブで聴くことができました。

津軽三味線の始祖「仁太坊」を知り、まるでブルースの神ロバート・ジョンソンのような存在だと思いました。

 

この家で、久しぶりに帰省した太宰が郷里を巡った旅行記、名作「津軽」が生まれました。

北には津軽海峡をのぞむ竜飛崎、南には岩木山、西には、つがる市木造町で縄文文化の傑作、「遮光器土偶」が発見された亀ヶ岡遺跡があります。縄文好きの私は、亀ヶ岡遺跡も外せません。

 

あれ、太宰先生、帰省されていたんですか?

立派なお宅ですね。

え?それが嫌だった?

そうですか……。

 

ここで太宰は何を感じていたのだろうと、思いを馳せました。

 

塾生みんなにお土産を買いました。

 

 

一つ目は、小説「津軽」の初版本を模した、「リンゴクッキー」

 

二つ目は、ねぶた祭を模した鬼?(坂上田村麻呂か?)のお面から、「リンゴゼリー」が出てくるというもの。

 

どんだば?

(いかがですか?)

と言っています。

 

旅が終わって、塾が再開されると、私は地図帳と旅先で撮った膨大な写真、そしてちょっとしたお土産で、旅での話を一通り話します。

私のライフワークの一つであり、私の楽しみです。

 

青森県以外にもイロイロ回りましたので、授業で生かそうと考えています。

KEYWORDS

お問い合わせ

top