塾の日記  2020年3月30日|月曜日

教養堂2020春期講習 中日

春期講習の折り返し、中日。

本日は、教養堂2020の春期講習14日間のうちの真ん中、中日(なかび)です。

 

授業はお休みですが、子どもたちのいない教室で、教室の細かい場所の掃除と消毒作業を行いました。

 

 

また、授業報告もかねて、保護者様に今後の教養堂の運営方針をご連絡いたしました。

 

2月末からの学校休校、そして春期講習と、塾生はずいぶん学習が進みました。

ここで一旦、保護者様にもご報告をし、塾生一人一人の指導方針についてもお伝えしたかったのです。

 

それにしても、この3月の学校休校の中、まるまる一か月間を、子どもたちは毎日よく勉強してくれました。

 

部活動がなかった分、体感として夏休みよりも学習が進みました。

 

前学年の復習、新学年の予習、思考力問題、読解問題、個別の課題プリントなどなど、たくさんできました。

 

「コロナに勉強は邪魔されない!止まらない!」

という信念で走り続けた一か月間でした。

 

 

今後の運営方針

後半の春期講習は、これまで同様、昼間の時間帯も含めて授業を予定通り行います。

 

4月7日(火)以降の新学期通常授業については、通常通り行うつもりではいますが、現下の新型ウィルスの状況に応じて運営を柔軟に変えていくつもりです。

 

外出が困難になった場合は、オンラインでの指導に変える予定です。

 

今日は、午後ずっとその準備をしておりました。

 

教養堂らしく、学習環境をよりシンプルにできるオンライン授業を準備しています。

塾生、そしてご家族の皆様のご協力も賜ることになりますがよろしくお願い申し上げます。

 

 

予習していく学習の楽しさ

教養堂としては開塾以来、個別学習計画という基本方針がありますので、どの子にもどの時期にも、どの内容でも対応できます。

 

オンライン授業でも、通常の授業でも、教養堂の指導内容には変わりません。

形式は変わりますが、本質は変わることはありません。

 

基本的にこの春から引き続き、どんどん先行学習をしております。

 

教養堂は、その子の持つポテンシャルを伸ばしたいので、教えすぎに注意しています。

自分で自立して学習できるようにしていますが、今その指導スタイルが威力を発揮しております。

 

子どもたちも新しいことを学び、新しい内容を自分で開拓していく、本来の学習の楽しさを実感していると思います。

 

 

 

 

 

KEYWORDS

お問い合わせ

top