塾の日記  2019年5月23日|木曜日

小学生 理科の観察授業 サツキを解剖

教養堂ガーデンのサツキがいよいよ満開になりましたので、今週は小学生と中学生に、サツキの解剖を行うことにしました。

このような特別講義を時々入れて、思考の幅を広げております。

 

教養堂の場合、

 

理科の授業をしなければいけない。  →  では植物の単元を取り上げてみるか。

 

ではなく、

 

サツキが庭に咲いた。  →  では理科の授業にしてみるか。

 

という順になります。

 

体験による記憶は、最強です。

本日は、小学生に花壇から各自、自分でサツキを採りに行くところから始めました。

みんな一人一人、自分のサツキを優しく取り扱いながら、図にしていきました。

 

 

私:がくは何枚かな?

みんな:5枚‼

 

私:花びら(花弁)は何枚かな?

みんな:5枚‼

 

私:本当か??

みんな:5枚‼

 

花弁は5枚あるが、一つにつながっている(合弁花)ということをチェック。

 

私:では。いよいよ解剖するぞ‼

みんな:いいんですか??

 

私:うむ。この世に、やっと小さく開いた花ではあるけれど、みんなによって摘み取れてしまった。可憐な一輪の花の生命が、君たちによって終わろうとしている……が、勉学研究のためだ。仕方があるまい。

みんな:(少し動揺)

 

私:花の真ん中に細いのがある。何本?

みんな:6本‼

私:一つだけ、長いのがあるね。知っている人?

男子:めしべ‼

私:正解! めしべは1本、おしべは5本ですね。なんか、「5」という数字に縁があるね。

 

みんな食い入るように花を観察。

いいぞ。

じっくり観察すべし。

観察から科学がはじまるのだ。

 

 

次々と「さばいて」いく、小学生たち。

細かく解剖した上で、シートに載せてみました。

 

ここで、めしべの「子房」が姿を現す!!

 

私:それ、指でさわってごらん。

みんな:ちょっと固い。コリコリする!!

 

小3男子、すばやく鼻に近づけ、匂いを嗅ぎ始めた!!

 

私:どんな匂いがする?

小3:ちょっと……くさい。

私:食べてみたら?

小3:イヤです(゚д゚)!

 

 

小6男子から、サツキの花言葉は何ですか?という質問があったので、みんなでインターネットで調べてみることに。

 

「節制」!

これはむずかしい。

 

みんな:「節制(せっせい)」ってなんですか?

 

その時、さすがは小6生、すばやく「黄色の国語辞典」(教養堂では小学生用国語辞典は表紙が黄色)を持って来て、調べ始めました。

 

「節制」……ひかえめにすること。

 

良い花言葉ですな。

 

観察したあとは、レポートを作成します。

観察を通しての感想や気づきを文章化します。

まだまだアウトプットは苦手です。

ここはこれから鍛えてあげたいです。

 

先ほどの小3男子は、最後に観察シートにこんな感想を書いてくれました。

「やくがゴマに見えました。がくは、リンゴのにおいがしました。子房の毛がふでのようでフサフサでした。」

などなど。

たとえ(比喩表現)を上手に使っています。

でも感覚がするどいなあ。

大人になると、こういう感想はなかなか出てきません。

 

KEYWORDS

お問い合わせ

top