本の紹介  2018年8月18日|土曜日

『バッタを倒しにアフリカへ』

教養堂の棚からひとつかみ、今回はこちら。

 

『バッタを倒しにアフリカへ』 前野ウルド浩太郎 著 光文社新書

 

今でも書店に平積みされているベストセラーの本です。

 

ずっと目にしていましたが、遂に手に取ることになりました。

初め、著者名のミドルネームといい、表紙のコスプレといい、これは「バッタ好きの芸人がアフリカへ行った体験談」であろうと思っていました。

 

ところがそうではなく、正真正銘の昆虫学者が西アフリカ、モーリタニアへ単身渡り、バッタ問題を解決すべく悪戦苦闘する体験の本でした。

しかしながら、芸人が書いた本以上に面白く、一気読みしていしまうくらい引き込まれました。

 

まずこれは非常に優れたビジネス書ということです。

未開の土地で、わずかながらの資金をもとに、どうビジネスを成功に導いていくか。

信頼できる人材を確保しながら、その土地の文化に溶け込んで、日本では考えられない難題をいかにクリアしていくか、そういうビジネス書だとも考えられます。

 

または西アフリカとは一体どんなところなのか、というすぐれた観光ガイドブックにもなっています。

サハラ砂漠でも携帯電話が通じる、昼と夜の寒暖の差、道なき道の進み方、そして魅力的な食事。

アフリカがすごく身近に感じます。

 

さらには筆者の「ウルド」に込められた秘話。

そして一介の昆虫好きな青年がいかにしてアフリカでのフィールドワークに取り組むようになったのか。

博士号を持ちながら、無収入におちいっても好きなことに邁進するバイタリティ。

青年が成長する過程を描いた、少々自虐的な物語。

 

そのような色々な読み方ができる本です。

KEYWORDS

お問い合わせ

top