こんな話  2019年3月30日|土曜日

朝ドラ 「まんぷく」「ひよっこ2」

NHK 朝の連続テレビ小説

 

朝ドラがついに100作目になるとのこと。

私も時間があれば、録画で見ております。

夜、帰宅してから見ることもありますし、週末に一気に観ることもあります。

 

「まんぷく」の名言

本日、「まんぷく」が最終回を迎えました。

チキンラーメン、カップヌードルを発明するお話ですが、見ているとやっぱり食べたくなるもので。

この半年間、ついつい頭に離れず何度かいただきました。

 

番組中の名言もありました。

「おもしろい人生など存在しない。 人生をおもしろくする人間が存在するだけや」

喫茶 白薔薇のマスターがさらりと言うてました。

 

なるほど。

幕末長州藩の志士 高杉晋作の

「おもしろきこともなき世をおもしろく」

に通じます。

 

「まんぷく」の萬平役の長谷川博己さんは、役作りに、ジブリ映画「風立ちぬ」の堀越二郎さんも参考にしていたということです。

また主役の安藤サクラさんは、映画「社長シリーズ」の森繁久彌のやりとりを参考にしていたこともあるということです。

やはり、映画、小説、演劇にはいわゆる型というものがあり、「温故知新」のように繰り返されるわけですね。

 

「ひよっこ2」の名言

私は朝ドラで特に思い入れのある作品は、「ひよっこ」ですね。

教養堂の開塾前の頃、日々の唯一の癒しが、「ひよっこ」でした。

茨城から上京した、有村架純演じる「みね子」を中心とした、高度経済成長期の物語です。

登場人物すべて愛すべきキャラクターです。

 

なかでも私の思いれのあるキャラクターは、藤野涼子さんが演じた青森から集団就職して上京した「豊子」でした。

彼女はかしこく自己主張の強いキャラクターですが、そのため周囲から少し浮いた存在になりがちです。

家の事情で、高校に行けず中卒で集団就職したわけですが、向上心は強く、高校の通信制を受け、資格もとりながら勉学に励みました。

そんな豊子といつも喧嘩していたのが同じ集団就職で福島から来たのんびり屋で食いしん坊の「澄子」でしたが、やがて二人は無二の親友になっていくのです。

 

先日、「ひよっこ」の続編「ひよっこ2」が4日間連続で放映されました。

「豊子」は、職場でも浮いた存在になっているらしく、久しぶりに会った「みね子」たちに不満を漏らします。

その時に、「豊子」が言い放った言葉。

 

豊子:「もう、日本の男社会は本当に腹が立ちます。腐ってます。腐ってますよ。」

澄子:「腐っていたら、食えなくなるもんな。」

豊子:「そうだ。食えない。」

 

不意打ちを食らうように、現代の世相を反映したかのような言葉が、刺さります。

 

「宗男」と60年代ロックシーン

この「ひよっこ」にはいろんな裏テーマともいうべきものが、通奏低音のように重層構造になっていることが多いです。

それは謎解きのようなものです。

ツイッターでは解読された人がつぶやくことがあり、そういう意味だったのか、と気づかされることもあります。

 

「みね子」には変わったおじさんがいます。

銀杏BOYZの峯田和伸さん演じる「宗男」といいますが、彼は大のビートルズファンなのです。

 

では、なぜ世代が一回りも違う「宗男」がビートルズのファンになったかといいますと、それは戦争体験によるものでした。

「宗男」は、激戦のインパールに従軍しており、そこでイギリスの若い敵兵と遭遇します。

戦場で鉢合わせになったのですが、そのイギリス人青年兵は、にっこり笑ってくれたのです。

 

戦後、九死に一生を得て日本に変えることができた「宗男」は、奇しくもイギリスのビートルズに心酔します。

「俺もな、あいつのように笑って生きてえと思ったのよ。」

 

戦後、60年代のイギリス、ロンドンでは若者の間で、「モッズカルチャー」というものが広まっていました。

モッズカルチャーは、ロックやファッション、デザインにまで浸透しており、「宗男」のファッションは、まさにモッズの影響を受けていることが分かります。

そんなモッズカルチャーが、「ひよっこ」では配役、美術、小道具などに巧みに表現されています。

実は私も20代の頃、ずいぶんMods文化に影響を受けました。

ピート・タウンゼント、スティーブ・マリオット、「さらば青春の光」、ベスパにM51のモッズコート、細身の三つボタンスーツ、チャッカブーツ、そしてターゲットマーク。

 

特に思い入れのある作品なので、思わず筆が進んでしまいました。

朝ドラを見ると、色んな見方や考えさせられることが多いので、実は読解力にも応用が効きます。

ツイッターなどでもすごく秀逸なつぶやきがあって、勉強になります。

KEYWORDS

お問い合わせ

top