勉強の話  2020年2月3日|月曜日

新中1生必見!中学校の宿題、どれくらいある?

江南市の中学校の情報集約地、教養堂KYOYODO。

教養堂は、江南市中心部にあります。

塾生の多くは市内の3中学校、古知野中・西部中・布袋中になります。

 

普段の中学生の様子を見ていて思うことは、

「学校の宿題のやり方」をどのようにするかで、学力の伸びが変わるということです。

 

おそらく現在、小学生の普段の宿題は、学校から出される「計算ドリル」と「漢字ドリル」、教科書の音読などくらいだと思いますが、中学校に上がると激変します。

全くの予備知識なしで中学校生活を始めることは、シートベルトなしでジェットコースターに乗るようなものです。(これは大袈裟ではありません。)

 

ぜひ知っておいていただきたい宿題の内容

4月5月上旬まではまだ小学校の延長で済みますが、5月後半から本格的な中学校生活に突入します。

部活動との両立、宿題の消化などで、日々の生活を送るのが精いっぱいになります。

 

そのしわ寄せは勉強に行きます。

また宿題の消化で、深夜までかかり、睡眠不足になることもあります。

 

さらには、スマホ、LINEの普及で、お父さんお母さん世代とは比べ物にならないくらい、今の子たちは情報量と友達同士のコミュニケーションが多く、絶対的な時間が足りません。

 

まず毎日必ず出される宿題がどれくらいあるのかを把握してください。

以下は、教養堂の掲示板ブログでご紹介した各中学校の宿題をまとめた記事です。

 

新中1生必見!中学校の宿題、どれくらいある?

 

▶ 中学校の宿題、どれくらいあるの?「古知野中学校編」

 

中学校の宿題、どれくらいあるの?「西部中学校編」

 

▶ 中学校の宿題、どれくらいあるの?「布袋中学校編」

 

 

次に、勉強の内容ですが、「英語」については言うに及ばず、「数学」と「理科」については小学校とは比べ物にならないくらい難化します。

これは「中1の壁」のように子どもたちの前に立ちはだかります。

 

▶ 中1の壁①「6月の数学」

 

▶ 中1の壁②「10月の理科」

 

KEYWORDS

お問い合わせ

top