勉強の話  2018年7月6日|金曜日

教養堂の中学生コース④ 夏期講習

教養堂の中学生コースは、①9月以降の先取り予習 ②実力向上のための復習の2本立てです。

 

①9月以降の先取り予習

こちらは夏の通常授業でコンスタントに進めていきます。

英語と数学をまず先行して学習していきます。

個別進度の計画にもとづいて進みますが、速い子だとおそらく1月頃の内容まで入っていけるんではないでしょうか。

 

実は私は学校の進度に縛られた授業進度はとてもやりにくいと思っています。

定期テストでの結果も大切ですから、学校の進度は無視できません。

しかし、本当に学力をしっかり身につけるためには、余裕を持って、ある程度コンスタントにすすめる必要があります。

 

そして秋以降、中学校のカリキュラムはどの教科も難易度が増します。

とくに数学は、関数、図形、統計・確率などが、腕を組んで待ち構えています。

これらの単元は全体像が分からないと応用問題も解けません。

中1・2は先取りをすることで、9月からの教養堂の授業は応用問題などより難問レベルに挑戦していくつもりです。

中3はできるだけ先行して、入試対策に移行していきます。

 

②実力向上のための復習

こちらはこれまで習ってきた所で不安な点を解消することと、応用問題へのチャレンジです。

英語と数学は、前学年の内容に欠損部分がないか確認します。

英語は、単語の確認や各文法事項を細かく復習していきます。

数学は、計算の確認、基本事項、標準事項、ぞれぞれの単元で綿密に確認をします。

理科・社会はこれまでに習った全範囲を総復習します。

国語は読解問題を講義します。国語こそぜひ夏で読解問題のコツをマスターしてもらいたいです。

また中3は文法の復習もします。

 

教養堂は夏期講習用のテキストはあえて使用しません。

年間で使える教材を厳選して、それを夏期に集中して演習します。

また、プリント形式の問題演習も行います。

これも大量に解くことになると思います。

 

自習室について

さらに自習室も校舎が空いている時間帯はいつでも使えます。

今回、自習室専用エリアを2階にして集中して勉強できるようにします。

学校の宿題など、勉強ならなんでも大丈夫ですし、質問対応もいつでもできます。

授業以外でもどんどん使ってもらえるようにします。

 

とにかく、勉強したい、分かるようになりたい、勉強が楽しくなってきた、という子を増やすのが私の使命だと思っています。

これまで、部活動でなかなかまとまって勉強ができなかった子も、教養堂の夏期講習に来てくれれば、しっかり間に合わせることができます。

 

夏の学習計画について

学校の夏休みの宿題も含めて、おおよその学習量を試算し個別に計画を立てます。

長い夏休み期間ですので計画倒れにならないように、週間ごとに目標を決めて進めていきます。

学習状況に応じて柔軟に計画を変更する場合もあります。

 

 

KEYWORDS

お問い合わせ

top