塾の日記  2018年7月31日|火曜日

夏期講習 小学生 夏の陣

教養堂の小学生夏期講習は90分ノンストップでみんな集中してくれました。

 

集中というより没頭と言った方が早いですね。

子どもには何かに没頭する時間というのは、とても必要だと思います。

没頭している時間は、無心になれるんですよね。

そういう時の頭はすごく開放されているし、五感が刺激されているんですよね。

 

最初は私からキットの課題を提示してみんなに組み立ててもらっていました。

しかし、私が今度はどんな課題にしようか考えているスキに、子どもたちはどんどん自分の創造性に火がついて、本能のおもむくまま立体の構造物を作り上げていきました。

 

夏期講習はまだまだ続きますが、このプログラムはこの夏に何度も取り上げる予定です。

指導する側の思惑を超えて、あらたなイマジネーションが生まれるような気がします。

KEYWORDS

お問い合わせ

top