塾の日記  2019年5月17日|金曜日

夏を前に教養堂の1階エアコン、止まったってよ。

 

何か、おかしいと思ったんですよね。

風が流れるだけで、涼しくないんですよ。

 

ちなみに、冬の時の暖房の時に、急に止まるんです。

 

その時に、エアコンのダクトから、

 

「はぁーーー。」

 

って、5,000円札を間違えてシュレッダーに入れて切り刻まれた瞬間の時みたいな、ため息の風音がして止まるんです。

 

どうしてかな?と思ったら、室外機(外にあるエアコンのエンジン部分)が寒い時に霜がおりるので、それを防ぐための霜取り機能なんです。

それは良いのですが、実は、教養堂の1階のエアコンは部屋の広さにくらべて、かなり無理をさせていたらしいのです。

ですので余計に霜がつきやすいみたいです。

よくよく考えたら、結構なうなり音で、これまで頑張ってくれていたみたいなんですね。

人知れず、みんなのために、涼しくしたり、温めてくれたりしていたんですけど、もう限界だったらしいです。

 

連休明けに、暑かったり寒かったりした時に、除湿、冷房、暖房、などけっこう切り替えてやっていました。

すると5月15日に、コントロールスイッチの所に、異常コードがでてきました。

 

業者の方に見てもらうと、室外機がオシャカになってしまっているとの事。

ちゃんとエアコンの掃除もこまめにしていたんですけど、如何せん、もともとの能力以上を要求して無理がたたってしまいました。

室外機のみを替えることもできますが、本体もけっこう年数が経っているのと、出力がもともと弱い機種であることから、業者さんが私に申し訳ない顔してこう言いました。

 

「新しく買い替えた方が良いですよ~」

 

良いですよ~ 良いですよ~ 良いですよ~ ……。

 

「はぁーーー。」

 

ワタクシがため息でました。

確かに、真夏と真冬の本当にキワの日は、このエアコンのキャパが越えているのも確か。

最悪、真夏日はワタクシのギャグなら、瞬間的に5℃くらいは、下げられる「寒さ」はありますが。

子どもたちには勉強する環境はしっかりと保ちたいです。

と、いうことで、エアコンを新調することにしました。

以前よりも出力を1.5倍に増やし、6馬力です‼

 

これ以降、教養堂では、エアコンが止まった5月15日を、五・一五事件と言います。

 

“教養堂の  エアコン  止まったから  五月十五日は  五・一五事件”

~エアコン待ち

KEYWORDS

お問い合わせ

top