塾の日記  2020年2月29日|土曜日

令和、最大のチャンス。今、動けるか?

2020年2月29日

閏年の4年に1回しかないこの日から、4月までの一か月間。

 

今から。

まさに。

そう!

この一か月間しか、扉は開いていない。

 

 

学校の課題、部活動、各種活動、試合・大会。

それらとの両立で、勉強時間も限られる毎日。

日々の勉強時間が足りず、学校の宿題も食い込んできて。

ああ、もっと時間よくれ!

そうすりゃ、もっと学力伸びるのに、と思ったこともありました。

 

 

そんな中。

 

霧が晴れたみたいに、ぽっかりと空白の時ができました。

もちろん新型ウイルス対策の中での状況で、安心できませんが。

 

 

 

このような空白の時間がありましたでしょうか?

 

学校は休校。

 

部活動も休止。

 

試合も中止。

 

旅行もなし。

 

ライブもコンサートも、当然キャンセル。

 

ディズニーもユニバも休園。

 

「桜を見る会」も中止。

……それは別か。

 

 

今、日本中が止まり出しています。

これは、「凪」です。

無風状態です。

 

ここで、ボーと眺めるか、動くか。

これからの子どもは、自ら動ける人にならないと。

 

KEYWORDS

お問い合わせ

top