塾の日記  2018年5月12日|土曜日

テスト勉強会 朝のプリントの匂いは格別だ。

テスト直前期の週末。

今日と明日の土曜、日曜はテスト勉強会を実施しています。

 

中3も部活動などなく、朝から教養堂に集結。

目いっぱいの教材、テキスト、教科書、問題集、プリントでパンパンのカバンを持ってきます。

さらに家が遠い子は弁当持ち。

勉強のやる気が違いますね。

 

それにしても、朝からの勉強会は格別です。

東からの陽射しで教室内が何とも言えない明るさで満たされております。

本日のBGMは19世紀末から20世紀初頭のピアノ曲を微かにかけておきましたが、午前の陽光に絶妙なマッチングでした。

絵画の印象派もそうですが、リスト、ラヴェル、ドビュッシー、サティなどのピアノ曲は午前中にぴったりです。

 

午前中は塾生それぞれの最重要課題を黙々とこなしました。

午後は、集中力が薄れる時間帯に暗記科目や知識の整理を優先で行いました。

それにしても、みんな休憩を取ろうとしません。

それだけ直前期だけに緊張感があります。

 

途中、小学生の授業もありましたが、いつもと雰囲気が違うので圧倒されていました。

そんな厳粛な空気感でも、躊躇せず百人一首などの暗唱を声に出して元気よくできました。

小学生の元気な暗唱の声にも、中学生軍団は心乱されることなく、もくもくと勉強しているのはあっぱれでした。

 

 

それからこのテスト勉強会の名称ですが、次回から「とくとく特訓」という名前にします。

 

KEYWORDS

お問い合わせ

top