こんな話  2019年8月7日|水曜日

あいちトリエンナーレ2019 子どもたちにもおすすめです。

 

 

「あいちトリエンナーレ2019 情の時代」(開催8月1日~10月14日)に行ってまいりました。

90組以上のアーティストが参加した大きな国際芸術祭です。

 

会場は4つあります。

 

・愛知芸術文化センター

・名古屋市美術館

・四間道・円頓寺

・豊田市美術館

 

 

このうち、8月3日に愛知芸術文化センターと名古屋市美術館を回り、8月10日に豊田市美術館(同時開催のクリムト展も鑑賞)、11日に四間道・円頓寺を巡りました。

少し早歩きで見て回っても、1会場で午前から夕方まで丸一日かかるくらいのボリューム。

 

ちなみに「トリエンナーレ」は、毎年開催されません。

3年に一度です。

3は「トリオ」ですから、イタリア語で「3年に一度」で「トリエンナーレ」。

2年に一度ですと、「ビエンナーレ」となります。

 

メイン会場は、栄の「愛知芸術文化センター」。

10階と8階に展示が集中しております。

チケットを持たなかった私は、まず10階まで行ってチケットを購入しました。

土曜日の開館直後で20分ほど並びました。

 

10階からさらに階段で上がると、展望室があり、そこから名古屋テレビ塔(現在改修中)が眼前に見えます。

さらに下をのぞき込むと、立体型公園「オアシス21」が見えます。

 

ここに白いラインで、飛行機のようなものがあります。

実はこれも展示物のアートなのです。

窓際にこの飛行機の意味するものが解説としてありますので、理解が進みます。

このように、いろいろなオブジェを使った作品が大小問わずあり、視覚だけでなく五感すべてで楽しめるしかけになっています。

 

 

私がすごく印象に残った作品は、

 

日常演習

 

というショートムービーでした。

トリエンナーレでは、映像作品も多く、ミニシアターのような会場がいくつもあります。

そこでは、気軽に座ったり寝転んだりして見ることができます。

 

この作品は、台湾の台北をドローンで空撮したものです。

しかし、昼間の台北ですが人が映っていません。

 

最初は、朝の早い時間を狙って撮影したのか、それとも巧妙なCGなのかと思いました。

それは違っており、台湾では毎年春、日中の30分は防空演習ということで、市民は屋内に待機するという日があるのだそうです。

大都市が死んだように、まったく人がいない映像がゆっくり流れます。

人が全くいない高層ビル群や自動車が全く走っていない高速道路、南国ならではの街路樹の緑の中を、一羽の白い鳥が悠然と飛ぶ姿が映っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、8階には「表現の不自由展・その後」という一画がありました。(8月4日以降閉鎖中)

 

「表現の不自由展・その後」

 

15分ほど並んで入りました。

これは、これまでいろいろな展示場で、展示が取り止めになった作品やタブーとされがちなテーマを持つ作品がいかに排除されたか、という作品を集めた展示でした。

「表現の自由」に関して考えてみようという、「展示の展示」ともいうべきメタ的な重層構造を持つ展示ブースでした。

他の会場よりいくぶん狭いスペースで、やや混雑していました。

 

 

その後、報道の通り、私が見た8月3日(土)を最後にこの展示ブースは閉鎖されてしまいました。

8月2日(金)に視察した河村たかし名古屋市長が一部の展示内容について批判し、さらに主催者側に、ガソリンをまくという匿名の脅迫のFAXが送られるという事態になり中止に追い込まれました。

その後も、愛知県の公共施設や教育施設にガソリンをまくなどの脅迫が送り付けられるということも現在報道されています。

中止の理由は、テロの危険があり、安全を優先するということでありました。

 

8月5日(月)に大村秀章愛知県知事が記者会見で、先日の河村市長の発言が憲法第21条の「表現の自由」に反する、憲法違反ではないか、と批判しました。

 

【日本国憲法第21条】

集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

検閲は、これをしてはならない。

通信の秘密は、これを侵してはならない。

 

私は「表現の自由」は最大限尊重されるべきだと思います。

その中で、賛否についてはあくまで言論を使って議論をするべきで、テロ予告によって中止させたり、閉鎖になるような事態は残念だと思います。

今回のようなテロ予告による中止は、せっかくの議論の場を暴力でなくしたり、タブー化を助長するものであり、テロを恐れるあまり忖度した委縮する風潮が広がるおそれがあります。

 

さらに、

【日本国憲法23条】

学問の自由は、これを保障する。

 

とある通り、「学問の自由」にも今後制限があるようなことがあってはならないと願うばかりです。

表現の自由が侵されれば、学問の自由も制限されて行くのではないかと懸念します。

 

文化や芸術は、その内容と質に問わず、その時代時代に、時によってはタブーに触れることもありますが、議論していく場を残すことは必要です。

 

 

愛知芸術文化センターの吹き抜けの玄関ホールには、ロックTシャツがつぎはぎで、船のマストのように展示してあります。

思えば、ロックやフォークの歴史には、放送禁止歌になったり自粛規制がかかったりと、いつの時代にも「表現の自由」との闘いがありました。

あのエルビス・プレスリーでさえも最初は顰蹙を買いましたし、ビートルズの初来日での武道館公演では騒然とした様相を呈していました。

あの時はたしか、警察がフル動員されて難なく公演は無事終わりました。

忌野清志郎の数多くの曲が放送自粛、CD販売自粛になり、清志郎はそれに対抗してインディーズでCDを出したりしていました。

 

 

 

この「芸術の不自由展・その後」は閉鎖されましたが、トリエンナーレは続きますし、その他はもちろん見ることができます。

会場はすごく落ち着いています。

せっかくの国際芸術祭、ぜひ子どもたちにも体感してもらいたいです。

 

 

 

(8月16日 追記)

その後、この「不自由展」中止の抗議の意を示すために、韓国の作家の2作品が展示辞退となり、その後、10名の作家が展示辞退や一時中止が相次ぎました。

上記の画像の、ロックTシャツや、ピエロのオブジェなども展示取りやめとなっております。

さらに、私自身大変感銘を受けた、モニカ・メイヤーさんの女性差別やジェンダー問題を可視化するレノン・ウォール。

#MeToo運動を可視化した、アート作品も展示中止となりました。

これの作品は心に迫ってきます。

2週間で、トリエンナーレの主要な作品群が見られないのはとても残念です。

何回も通って、自分の中で深めようと思い買った、フリーパス……。どうしよう。

 

(8月22日 追々記)

さらに報道では、モニカ・メイヤーさんの作品は形を変えて展示されています。

展示中止ではなく、作品を変えることで、作家の意思を示しています。

そのように、あえて形を変えることで、意思表示している作品が何点か見られるそうで、そこはまた見どころと言えます。

KEYWORDS

お問い合わせ

top