勉強の話  2018年1月10日|水曜日

「あさイチ」2020年教育改革特集から見えた国民の本音

 

1月10日のNHK「あさイチ」で2020年教育改革を取り上げていました。

先行するアクティブ・ラーニングを実施する学校の2,3の取り組みと家庭での取り組みなどを取り上げていました。

先進の取り組みをしている授業はなるほどアクティブ・ラーニングを目指す方向性を伝えていました。

 

私としては気になった所がありました。

学校でのアクティブ・ラーニングでは、授業での活発な意見を促すために、あらかじめ家庭での予習が必要になる「反転授業」になります。

あるご家庭での取り組みで、お母さんとお子さんのやり取りが示されていましたが、このご家庭のような取り組みができる状況にあるのは一部の専業主婦の家しか無理でしょう。

男女共同参画社会の流れなのに、専業主婦にしかできないような家庭の取り組みを押し付けようとしている、との反発が出てきてもおかしくないでしょう。

 

番組ではおおむね好意的に取り上げられていましたが、番組最後の視聴者からの意見では、否定的な受け取り方や半信半疑な意見が多かったように思えます。

これらの意見は大別すると2点挙げられます。

 

国民は今度の教育改革については、「またか?また失敗するんじゃないの?」という冷ややかな視点があることです。

さんざん「ゆとり世代」などと馬鹿にしてきた or 言われてきて、世代間格差の不満があるから、「教育改革」についてはアレルギーがあるかもしれないですね。

 

さらに先進的な取り組みをしている学校に対して、ウチの学校ではちゃんとやってくれるの?という機会平等への不信感があることです。

 

以上の2点が、国民が抱く不信感になるわけです。

 

「ゆとり教育」実施中に不安が国民に広がった時、国は結構、空気でコロッと政策を変えました。

確固とした検証作業を経ずして変えたという印象はあります。

だから本当に「ゆとり教育」はダメだったのか、実は良かったのか、未だに分からないのです。

 

ただし、今回の教育改革のポイントは大学入試が変わるということです。

「ゆとり教育」の時は小中までの変化でしたが、今回のように大学入試が変わると小中高のカリキュラムも変わらざるを得ないという事を意味しています。

急激な変化ではなくここ5~6年はこれまでを踏襲するようです。2024年以降に本質的に変わります。

KEYWORDS

お問い合わせ

top